コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩素リン灰石(塩素燐灰石) えんそりんかいせき chlorapatite

1件 の用語解説(塩素リン灰石(塩素燐灰石)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えんそりんかいせき【塩素リン灰石(塩素燐灰石) chlorapatite】

含リン鉱物の一種。広く分布し,塩素に富む鉱物。化学組成はCa5(PO4)3ClであるがClの一部がF,CO3,OHで置換されていることが多い。六方晶系,柱状結晶または六角厚板状の結晶として産出するが,塊状集合体として存在することが多い。無色,白色,淡緑色,淡褐色,灰色,ガラス光沢を呈する。モース硬度5,比重約3。塩基性深成岩類中に脈状を呈して産出することが多く,その他火成岩接触部や同種の地質帯の鉱床,熱水鉱床内の空隙などに産出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塩素リン灰石(塩素燐灰石)の関連キーワード水マンガン鉱ステロールミリセチン残存種白砂燐鉱石正リン酸ハロイサイト

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone