コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩野直道 しおの なおみち

1件 の用語解説(塩野直道の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塩野直道 しおの-なおみち

1898-1969 大正-昭和時代の教育者。
明治31年12月25日生まれ。大正14年文部省図書監修官となり,「小学算術」(通称「緑表紙」)を編集。昭和20年金沢高師校長。戦後,新興出版社啓林館取締役となり,検定教科書「算数」を編集した。昭和44年5月10日死去。70歳。島根県出身。東京帝大卒。著作に「数学教育論」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の塩野直道の言及

【暗算】より

…黒表紙の次に作られた国定教科書(緑表紙)では,〈数理思想の開発〉の名のもとに暗算は強化され,769+76といった3位数+2位数まで暗算でやるようになり,さらに次の教科書(水色表紙)では,250-24-68-75というものまでが暗算に入れられた。 第2次世界大戦後もしばらくこの傾向は続いたが,50年代の終りに,暗算と筆算に関して数学教育上有名な論争が数学者の遠山啓(1909‐79)と塩野直道(1898‐1969)の間で行われた。緑表紙の編集責任者であった塩野は,暗算には日常生活における実用的価値と数概念に基づいた計算を意識的に使うことにより数学的思考を絶えず働かすという理論的価値があり,暗算を計算の中心に位させるという暗算中心の計算体系を主張したのに対して,遠山は,暗算には個人差が多く,筆算は安易さからもその形式のもつ発展性からも計算の中心であり,これを早くから指導すべきであるという筆算中心の計算体系を主張した。…

※「塩野直道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

塩野直道の関連キーワード東京ヴェルディ文化勲章社会小説由紀さおりビリーバンバン杉田二郎志垣太郎ニッサンフェアレディZ432 PS30型怪物くんATG

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塩野直道の関連情報