コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩類障害 エンルイショウガイ

デジタル大辞泉の解説

えんるい‐しょうがい〔‐シヤウガイ〕【塩類障害】

土壌に含まれる塩類の濃度が高くなることによって、植物の根が障害を受け、成育が不良となること。肥料に含まれる塩類の蓄積や、農地への海水の流入などによって起こる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android