コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増山金八(初代) ますやま きんぱち

2件 の用語解説(増山金八(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増山金八(初代) ますやま-きんぱち

?-? 江戸時代中期-後期の歌舞伎作者。
金井三笑の門人。安永3年(1774)江戸森田座の立作者となる。時代物,世話物を得意とした。また豊後(ぶんご)節,長唄の作詞家としても知られる。代表作は「大船盛鰕顔見世(おおふなもりえびのかおみせ)」で,4代岩井半四郎三日月おせんが大当たりをとった。前名は金井金八。俳名は呉山。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

増山金八(初代)

生年:生没年不詳
江戸中期の歌舞伎狂言作者。通称金波。金井三笑門人で,宝暦12(1762)年11月番付に登場,安永3(1774)年立作者となり,壕越二三治や2代目中村重助と合作。同9年には上坂し奈河七五三助などと合作。天明4(1784)年江戸へ帰り,「大商蛭子島」を初代桜田治助と合作。「大船盛鰕顔見勢」など4代目岩井半四郎の作者として活躍したが,寛政9(1797)年を最後に劇界から名を消した。筋立ては平易,常磐津筒井筒色水上」「桂川月思出」など,浄瑠璃,長唄に優れた作品が多い。2代目は4代目鶴屋南北門下の槌井兵七,3代目は5代目鶴屋南北門下の槌井豊作が襲名した。

(安田文吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

増山金八(初代)の関連キーワード鶴屋南北(四代)狂言方狂言作者奈河亀輔書替狂言歌舞伎狂言並木正三離れ狂言立作者金井由輔(3代)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone