コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増田五郎右衛門 ますだ ごろうえもん

2件 の用語解説(増田五郎右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増田五郎右衛門 ますだ-ごろうえもん

1777-1818 江戸時代後期の農民。
安永6年生まれ。駿河(するが)(静岡県)田中藩領志太郡細島村の名主。文化13年台風被害救済をもとめて一揆(いっき)をおこす。藩より年貢の減免をかちとったが,五郎右衛門は自分が首謀者として自首。捕らえられていた農民数十人をすくい,文政元年6月28日処刑された。42歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

増田五郎右衛門

没年:文政1.6.28(1818.7.30)
生年:安永6(1777)
江戸後期の義民。駿河国(静岡県)志太郡細島村の庄屋。文化13(1816)年秋,駿河・遠江両国は台風の大被害を受け,両国に一揆が多発した。駿河田中藩でも年貢減免の一揆が起き,田中城大手門に減租の訴状を掲げ,かつ城下を打ちこわして減免をかちとった。翌年3月藩は一揆参加者を探索し,多数の百姓を投獄した。その釈放を求めて,五郎右衛門らは首謀者として自首し,逮捕された。文政1(1818)年6月28日,五郎右衛門は頭取とされ打首・闕所,他にふたり村役人後押しとして永牢・闕所となった。その死後,村人は刑場の地蔵を首斬り地蔵と崇め,命日を首切り正月と呼んで五郎右衛門を墓参した。また明治・大正期には義民碑を3基も建立,戦後も五郎右衛門祭があり,近年にも墓碑の建て替えと義民顕彰が行われた。

(山田忠雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

増田五郎右衛門の関連キーワード駿河染め飯阿部正信神田雁赤桑原黙斎小出東嶂坂本藤吉新宮高平椎陰杉山清十郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone