コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨付き スミツキ

デジタル大辞泉の解説

すみ‐つき【墨付き】

筆跡の墨の付きぐあい。筆のあと。筆跡。「墨付きも濃いりっぱな書」
写本で、実際に文字の書かれている紙。「墨付き三〇丁」
中世・近世、幕府や諸大名が書き判を墨書きして下付した文書。判物(はんもつ)。→御墨(おすみ)付き
顔色。機嫌。
「国からは便りはなし、和尚の―は悪し」〈鳩翁道話・二〉
口上(こうじょう)。
「互ひに味な―を」〈浄・妹背山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

墨付きの関連キーワード機能性表示食品とトクホの違い地域がん診療連携拠点病院がんばれ!Victory押し頂く・押頂く公認不正検査士保健機能食品田村 太兵衛三遊亭円丈有機農産物堀 久作益子金蔵改革開放政治献金多国籍軍森孫右門真島光平御墨付きIMF蠟箋

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android