コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨染めの スミゾメノ

デジタル大辞泉の解説

すみぞめ‐の【墨染めの】

[枕]墨染めの色が暗いところから、「ゆふべ」「たそがれ」「くら」などにかかる。
「―夕べになれば」〈古今・雑体〉
「―鞍馬の山に入る人は」〈後撰・恋四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すみぞめの【墨染めの】

( 枕詞 )
墨染めが黒く、暗いことから「たそがれどき」「夕べ」「鞍馬」などにかかる。 「 -黄昏時たそがれどきの朧夜おぼろよに/古今六帖 5」 「 -のゆふべになればひとりゐて/古今 雑体」 「 -鞍馬の山にいる人は/後撰 恋四

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

墨染めのの関連キーワード干る・乾る黒衣御免剃髪染衣円頂黒衣ななむ衣の闇削ぎ尼霞の衣墨の袂墨の衣緇林喪服白衣漫ろ大頭墨衣緇衣緇流染衣黒衣