コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨染めの スミゾメノ

デジタル大辞泉の解説

すみぞめ‐の【墨染めの】

[枕]墨染めの色が暗いところから、「ゆふべ」「たそがれ」「くら」などにかかる。
「―夕べになれば」〈古今・雑体〉
「―鞍馬の山に入る人は」〈後撰・恋四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すみぞめの【墨染めの】

( 枕詞 )
墨染めが黒く、暗いことから「たそがれどき」「夕べ」「鞍馬」などにかかる。 「 -黄昏時たそがれどきの朧夜おぼろよに/古今六帖 5」 「 -のゆふべになればひとりゐて/古今 雑体」 「 -鞍馬の山にいる人は/後撰 恋四

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

墨染めのの関連キーワード干る・乾る黒衣御免円頂黒衣剃髪染衣墨の衣衣の闇霞の衣ななむ墨の袂削ぎ尼緇林大頭喪服白衣緇衲緇徒緇流染衣漫ろ緇衣

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

墨染めのの関連情報