コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墳墓発掘罪 フンボハックツザイ

3件 の用語解説(墳墓発掘罪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふんぼはっくつ‐ざい【墳墓発掘罪】

墓石を壊したり、墳墓を掘り起こしたりする罪。刑法第189条が禁じ、2年以下の懲役に処せられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふんぼはっくつざい【墳墓発掘罪】

墳墓の覆土を除去し、または墓石等を破壊・解体して、墳墓を破壊する犯罪。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

墳墓発掘罪
ふんぼはっくつざい

墳墓を発掘した者は2年以下の懲役に処せられる(刑法189条)。本罪は、社会法益の一種としての宗教的風俗または宗教感情に対する罪である。「墳墓」とは人の死体、遺骨、遺髪などを埋葬した場所であるから、人の死体などが埋葬されていない墓標・墓石などはこれにあたらない。また本罪の保護法益との関連で、宗教的意味を失った古墳などは墳墓にはあたらない。「発掘」とは、墳墓の覆土を除去したり、墓石などを破壊・撤去することをいう。ただ、発掘といっても、死体など蔵置した物を外部に露出させたり、取り出したりする必要はない。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

墳墓発掘罪の関連キーワード恐竜擾乱(じょうらん)耕鋤股鍬粗起し攪土器壊し屋棹掘り鋤き起す田起し

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

墳墓発掘罪の関連情報