壁を穿つ(読み)かべをうがつ

  • かべ
  • を 穿(うが)つ

精選版 日本国語大辞典の解説

(漢の匡衡(きょうこう)が貧乏で灯火がなかったので、壁に穴をあけて隣家のあかりで本を読んだという「西京雑記‐巻二」の故事から) 貧苦の中で学問をすることをいう。苦学をする。
※浮世草子・俗つれづれ(1695)三「蛍をあつめ壁を穿ち勤学にいとまなく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android