コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西京雑記 せいけいざっき Xi-jing za-ji

3件 の用語解説(西京雑記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西京雑記
せいけいざっき
Xi-jing za-ji

中国の歴史故事集。晋の葛洪 (かっこう) の編。前漢末の劉きんが原著者といわれるが確かではない。6巻。西京とは前漢の都長安をさし,王昭君の故事など,前漢における有名人の逸話,宮室,制度,風俗などに関するエピソードを簡潔な文章で記録したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せいけいざっき【西京雑記 Xī jīng zá jì】

中国,前漢時代の西京(長安)の雑事を記録したという形式による逸話小説集。6巻。両晋南北朝時期にまとめられた作品。作者として漢の劉歆(りゆうきん),晋の葛洪(かつこう),梁の呉均などの名が挙げられているが,いずれも確かな証拠はない。この作品の基礎には前漢時代の都でのできごとをのべる講釈のような文芸があって,それが文人の手で文字に定着されたものであろう。意識的な虚構の手法が用いられており,また所収の挿話は,それ以前の雑記集に多い,教訓的な色づけを払拭して独自の価値観をもっているなど,中国小説の発展史のうえで注目すべき作品である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西京雑記
せいきょうざっき

中国、前漢時代の首都長安(陝西(せんせい)省西安市)をめぐる逸話や逸聞を集めた書。前漢の劉(りゅうきん)(せん)とあるが、実は晋(しん)の葛洪(かっこう)(283―343ころ)の撰著。現行本は6巻。内容は地理風俗、諸制度にも及び、史料的価値は高い。とくに未央宮(びおうきゅう)、上林苑(じょうりんえん)、昆明池(こんめいち)などの記事は貴重であり、南粤王(なんえつおう)趙佗(ちょうだ)が海南島産のサンゴを献上したという逸話は、最近出土した文物と符合する。また宮廷をめぐる逸聞も豊富であり、賄賂(わいろ)を贈らなかったので醜い肖像を描かれ、そのため匈奴(きょうど)の単于(ぜんう)のもとに嫁せられたという王昭君の有名な伝説も、この書にみえる。[尾形 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西京雑記の関連キーワード楽府公羊学三輔西漢西京前漢長安内豎斬馬剣日下﨟

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone