隣家(読み)りんか

精選版 日本国語大辞典「隣家」の解説

りん‐か【隣家】

〘名〙
となり。となり。
※梵舜本沙石集(1283)一「隣家の事を下女の中に語りて」
※浮世草子・武家義理物語(1688)四「当座の御心付と小袖に金判十両。母に渡して隣家(リンカ)の野夫をまねき」 〔戦国策‐燕策・王喜〕
② 香木の名。分類は伽羅(きゃら)。香味は苦辛。六十一種名香の一つ。佐々木道誉が隣の家から譲り受けたものという。〔名香合(1502)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「隣家」の解説

【隣家】りんか

となりの家。〔戦国策、燕三〕國の封疆(ほうきやう)(境界るは、ほ家の垣墻(ゑんしやう)るがごときなり。を合し、惡を掩(おほ)ふ以(ゆゑん)なり。室相ひ和することはずして、出でて家に語るは、未だ計と爲さざるなり。

字通「隣」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の隣家の言及

【隣】より

…居住の近接に伴って形成される社会関係のうち,とくに日常的に接触交流の大きい家をいう。向こう三軒両隣,壁隣(かべどなり),一隣(いちどなり),隣家(りんか),両隣家などともいう。これら特別な名称で呼ばれる隣の家は,ある家にとっての周囲の家すべてではなく,特定の家に限定されるのが普通である。…

※「隣家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報