壁画古墳(読み)ヘキガコフン

精選版 日本国語大辞典の解説

へきが‐こふん【壁画古墳】

〘名〙 装飾古墳の一つ。横穴式石室・横口式石室壁に人物・四神・武器・武具などの図像や幾何文の描かれた、古墳時代後期・終末期の古墳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の壁画古墳の言及

【高句麗】より

…かくして旧小国を中心とした貴族連合の五族時代から,中央集権化した貴族連合の五部時代へと発展した。 この時期の代表的な遺跡は壁画古墳である。高句麗固有の積石塚はこの時期に切石を段階状に積みあげ,その内部に石室を作るものになった。…

※「壁画古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

壁画古墳の関連情報