コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壬生艾 ミブヨモギ

デジタル大辞泉の解説

みぶ‐よもぎ【××艾】

キク科の多年草。高さ約1メートル。全体に白毛を密生し、葉は羽状に分裂。夏、淡黄緑色の花を総状につける。サントニンを含み、回虫駆除薬とする。ヨーロッパ原産で、日本では昭和5年(1930)ごろ京都の壬生で初めて栽培された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みぶよもぎ【壬生艾】

キク科の多年草。昭和の初めにドイツからシナヨモギの近縁種を輸入し京都の壬生で栽培、品種改良された。サントニンを含み、回虫駆除薬の原料として栽培された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

壬生艾の関連キーワードシナヨモギ近縁種ヨモギ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android