売上勘定(読み)ウリアゲカンジョウ

デジタル大辞泉の解説

うりあげ‐かんじょう〔‐カンヂヤウ〕【売上勘定】

簿記の用語。
売上高を処理する勘定。商品勘定の3分法によって設けられる。貸方に売上高、借方に売上値引および戻り高が記入され、貸方残高は純売上高を示す。
委託販売における積送品の売上高を処理する勘定。積送品売上勘定。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うりあげかんじょう【売上勘定】

簿記で、商品・製品の売り上げに関する取引を処理する勘定。
委託された商品の売り上げによって代金を支払うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うりあげ‐かんじょう ‥カンヂャウ【売上勘定】

〘名〙 簿記で商品、役務などの売上高を記入する勘定。〔英和外交商業字彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報