コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売上差益 うりあげさえき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

売上差益
うりあげさえき

限界利益ともいう。売上高から変動費を差引いた金額。これは売上高- (変動費+固定費) =利益の方式を,売上高-変動費=利益+固定費=売上差益の方式に変えたもの。固定費とは,費用のうち事業量の大小にかかわらずあるキャパシティを保有,維持するために,一定の額に達せざるをえない部分のことであるが,売上差益がこの固定費を上回るときは利益が生じ,逆に下回るときは欠損が生じていることになり,事業量の増大によって利益がふえるのはこの売上差益の増加によるものであることがわかる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

売上差益の関連キーワード貢献利益

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android