コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売却資産の固定資産税 バイキャクシサンノコテイシサンゼイ

とっさの日本語便利帳の解説

売却資産の固定資産税

固定資産税は、その年度の初日の属する年の一月一日(賦課期日)において土地・家屋等を所有する者に対して課税される。年度の途中で譲渡をしても、賦課期日現在の所有者が法律上の納税義務者となる。しかし一般には、売主と買主との話し合いで負担税額を決めることが多い。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

売却資産の固定資産税の関連キーワード固定資産税

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android