コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壺杅塚 こうづかHou‐ch‘ong

1件 の用語解説(壺杅塚の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうづか【壺杅塚 Hou‐ch‘ong】

韓国,慶尚北道慶州市路西洞にある,三国時代新羅の古墳。1946年韓国国立中央博物館によって調査された。径16m,高さ5mに復元される積石木槨墳で,隣接する銀鈴塚とともに双円形をなす。木棺内に仰臥伸展の状態で埋葬された被葬者は,金銅製の冠・履,金製の耳飾・銙帯(かたい)・腕輪・指輪,玉,太刀を身にまとっていた。棺外には,蓋に蓮華文を鋳出した青銅容器,鬼面を表現した木心漆面,馬具,鉄製武器・工具,鉄鋌,土器などの遺物が副葬されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone