壺杅塚(読み)こうづか(英語表記)Hou‐ch‘ong

世界大百科事典 第2版の解説

こうづか【壺杅塚 Hou‐ch‘ong】

韓国,慶尚北道慶州市路西洞にある,三国時代新羅の古墳。1946年韓国国立中央博物館によって調査された。径16m,高さ5mに復元される積石木槨墳で,隣接する銀鈴塚とともに双円形をなす。木棺内に仰臥伸展の状態で埋葬された被葬者は,金銅製の・履,金製の耳飾銙帯(かたい)・腕輪・指輪,玉,太刀を身にまとっていた。棺外には,蓋に蓮華文を鋳出した青銅容器,鬼面を表現した木心漆面,馬具,鉄製武器・工具鉄鋌土器などの遺物が副葬されていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android