コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏負け ナツマケ

デジタル大辞泉の解説

なつ‐まけ【夏負け】

[名](スル)夏の暑さのために、食欲不振になり、体が衰弱すること。夏ばて。「夏負けして痩(や)せる」 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なつまけ【夏負け】

( 名 ) スル
夏の暑さのために体力が衰えること。 [季] 夏。 「今年は-しなかった」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夏負け
なつまけ

、高温多湿が原因で体が疲れやすく元気がなくなったり、食欲がなくなりやせてきたりする現象で、日本特有のものである。日本のはとくに高温多湿であるため汗をかきやすく、水分を多くとって塩分が不足し、だるくて疲労しやすくなる。また水分や冷たいものばかりとるために消化機能が低下し、食欲がなくなってあっさりしたものばかり食べるためにカロリーや栄養が不足してくる。さらに熱帯夜による睡眠不足も影響する。こうした原因が重なり合って夏負けとなるわけで、予防としては、十分に休養をとって睡眠不足を補い、水分の摂取を控え、栄養のある食事をすることが望まれる。土用の丑(うし)の日にウナギを食べる習慣も、夏負け予防の一つの生活の知恵ともいえるわけで、ビタミン剤の内服や塩分の補給が必要な場合もある。なお、夏ばてというのは慢性の高温障害で、慢性熱中症、熱消耗、熱衰弱などと同義語である。[柳下徳雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

夏負けの関連キーワードトニックウォーター定斎屋夏ばて体力タイ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夏負けの関連情報