摂取(読み)せっしゅ

精選版 日本国語大辞典「摂取」の解説

せっ‐しゅ【摂取】

① 仏語。
(イ) おさめとってまもること。仏が衆生(しゅじょう)を救うこと。
※九冊本宝物集(1179頃)九「摂取の光明は念仏者を照し給ふ」
※歌舞伎・韓人漢文手管始(唐人殺し)(1789)四「凡夫の衆生をせっしゅして捨給はねば、只仮初にも怠らず、南無阿彌陀仏と唱へ給へ」
(ロ) 欲する所を選び出して、おさめとること。
※選択本願念仏集(1198頃)「選択与摂取、其言雖異、其意是同」
② 自分のものとしてとり入れること。また、栄養になる物などを体内にとり入れること。
※光悦本謡曲・殺生石(1503頃)「汝を成仏せしめ、仏体真如の全身となさん。摂取せよ」
※私的生活(1968)〈後藤明生〉二「しょうこりもなく摂取し続けたアルコールによる酔いが」

しょう‐しゅ セフ‥【摂取】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「摂取」の解説

せっ‐しゅ【摂取】

[名](スル)
取り入れて自分のものにすること。また、栄養物などを体内に取り入れること。「新知識を摂取する」「ビタミンCを摂取する」
仏語。仏が衆生しゅじょうをおさめとって救うこと。
[類語]取り入れる取り込む導入採取

しょう‐しゅ〔セフ‐〕【摂取】

摂取せっしゅ」に同じ。
「念仏の人を―して浄土に帰せしむるなり」〈三帖和讃〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android