コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外傷性てんかん がいしょうせいてんかんtraumatic epilepsy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外傷性てんかん
がいしょうせいてんかん
traumatic epilepsy

頭部外傷後,ある程度時間が経過してから起るてんかん発作をいう。成人よりも小児に起りやすく,外傷が重篤であるほど発生頻度が高い。つまり,外傷時の意識障害の時間的長さ,運動や知覚障害などの程度が関係する。受傷後に脳に瘢痕が生じ,これがてんかんの原因となっている場合には,瘢痕を切除して治療できることがある。骨や異物が脳に突き刺さっている場合は,これを除去することが,てんかんの予防や治療に必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

外傷性てんかんの関連キーワード頭部外傷後遺症後遺症と対策頭部外傷陥没骨折後遺症脳挫傷脳波

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android