外傷性てんかん(読み)がいしょうせいてんかん(英語表記)traumatic epilepsy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外傷性てんかん
がいしょうせいてんかん
traumatic epilepsy

頭部外傷後,ある程度時間が経過してから起るてんかん発作をいう。成人よりも小児に起りやすく,外傷が重篤であるほど発生頻度が高い。つまり,外傷時の意識障害の時間的長さ,運動や知覚障害などの程度が関係する。受傷後に瘢痕が生じ,これがてんかんの原因となっている場合には,瘢痕を切除して治療できることがある。異物が脳に突き刺さっている場合は,これを除去することが,てんかんの予防や治療に必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

六訂版 家庭医学大全科の解説

外傷性てんかん
がいしょうせいてんかん
Post-traumatic epilepsy
(外傷)

 頭部CTで脳挫傷(のうざしょう)などの脳組織の損傷が認められる時や、脳の損傷による症状がある場合に、外傷性てんかんを起こす可能性が高いと考えられています。

 外傷性てんかんの発生頻度は、入院を要した頭部外傷患者の5%以下、昏睡(こんすい)状態の重症頭部外傷では15~35%で、発症する場合は受傷後1年以内で約50%、2年以内で80%程度と報告されています。

 コラム「外傷性てんかんの予防」も参照してください。

出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」六訂版 家庭医学大全科について 情報