流用(読み)りゅうよう

精選版 日本国語大辞典「流用」の解説

りゅう‐よう リウ‥【流用】

〘名〙
① 融通して使用すること。都合により定まった使途以外のことに用いること。融通。
※東寺百合文書‐は・正応三年(1290)九月一八日・若狭太良荘預所充書状案「たうしのれうにまかりて、御ねんくの中にりうようすべき〔よ〕し」
※田楽豆腐(1912)〈森鴎外〉「蠅打は蠅を打つばかりの物ではない。物には流用(リウヨウ)と云ふことがある」
② 歳出予算に定めた経費について同一の項に属する各目の間で、相互に融通し、その融通を受けた目の経費とすること。くりかえ。〔仏和法律字彙(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「流用」の解説

りゅう‐よう〔リウ‐〕【流用】

[名](スル)
定まっている使途をはずれて別のことに用いること。「接待費に流用する」「旧版のイラストを流用する」
予算執行上の必要から、歳出予算または継続費に定められた経費を財務大臣の承認を経て同一の項に属する各目の間で融通し、融通を受けた目の経費とすること。→移用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android