流用(読み)リュウヨウ

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐よう〔リウ‐〕【流用】

[名](スル)
定まっている使途をはずれて別のことに用いること。「接待費に流用する」「旧版のイラストを流用する」
予算執行上の必要から、歳出予算または継続費に定められた経費を財務大臣の承認を経て同一の項に属する各目の間で融通し、融通を受けた目の経費とすること。→移用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうよう【流用】

( 名 ) スル
使途の定まっているものを別の用途に使用すること。 「情報の不正-」
国の予算の執行にあたり、同一の項(目的別の区分)に属する各目(対象別の区分)の間で、費用を融通し使用すること。費目流用。 → 移用

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流用の関連情報