コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流用 リュウヨウ

2件 の用語解説(流用の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐よう〔リウ‐〕【流用】

[名](スル)
定まっている使途をはずれて別のことに用いること。「接待費に流用する」「旧版のイラストを流用する」
予算執行上の必要から、歳出予算または継続費に定められた経費を財務大臣の承認を経て同一の項に属する各目の間で融通し、融通を受けた目の経費とすること。→移用

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうよう【流用】

( 名 ) スル
使途の定まっているものを別の用途に使用すること。 「情報の不正-」
国の予算の執行にあたり、同一の項(目的別の区分)に属する各目(対象別の区分)の間で、費用を融通し使用すること。費目流用。 → 移用

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

流用の関連情報