コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外向き ソトムキ

4件 の用語解説(外向きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そと‐むき【外向き】

外の方へ向いていること。
国際社会に飛び出す意欲のあること。広く外部社会に目を向けていること。また、そういう傾向。「外向きの若者を育てる」「現政権には外向きの政策が乏しい」⇔内向き
とむき(外向き)

と‐むき【外向き】

弓に矢をつがえるとき、矢羽根の表が外側を向くように矧(は)いであること。また、その矢。⇔内向(うちむ)き

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そとむき【外向き】

外側に向かうこと。 「車を-に並べる」
家庭などで、外部に関係すること。 「 -の付き合い」
▽↔ 内向きとむき

とむき【外向き】

弓に矢をつがえた時、走り羽の羽裏が射手の方を向くように矧いであること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外向きの関連情報