コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外無双 そとむそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外無双
そとむそう

相撲の決まり手の一つ。左 (右) 四つの場合,右 (左) 手で相手の左 (右) 差し手をしっかり抱え,左 (右) 差し手の手のひらを,相手の左 (右) 膝外側にあて,右 (左) へひねり倒す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そと‐むそう〔‐ムサウ〕【外無双】

相撲のきまり手の一。四つに組んだ上手で相手の差し手を抱え、自分の差し手は抜いて相手の反対側の足のひざの外側に手のひらを当て、からだをひねって倒す技。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そとむそう【外無双】

相撲の決まり手の一。四つに組んだとき、差し手を抜いて相手の膝の外側に当ててひねって倒す技。 → 内無双

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

外無双の関連キーワード無双・夢想内無双決り手無双

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android