コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外耳良性腫瘍 がいじりょうせいしゅよう Benign Tumor of External (anditory) Meatus

1件 の用語解説(外耳良性腫瘍の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

がいじりょうせいしゅよう【外耳良性腫瘍 Benign Tumor of External (anditory) Meatus】

[どんな病気か]
 耳介(じかい)や外耳道(がいじどう)にできる良性の腫(は)れものです。
 耳介周囲には、線維腫(せんいしゅ)、血管腫(けっかんしゅ)、粉瘤(ふんりゅう)などが、外耳道には、乳頭腫(にゅうとうしゅ)、骨腫(こつしゅ)などが発生します。これらは、そう頻度の高い病気ではありません。
 腫瘍の形成そのものが主症状で、腫瘍が外耳道をふさぐ程度によっては、伝音難聴(でんおんなんちょう)になります。
[検査と診断]
 視診(ししん)のほか、発生した部位によってはX線検査、CTが必要になります。
 悪性腫瘍との鑑別のために、組織を微量採取して顕微鏡で見て調べる生検(せいけん)が行なわれることもあります。
[治療]
 腫瘍を切り取る腫瘍摘出術(しゅようてきしゅつじゅつ)が唯一の治療法です。
 難聴などの症状がひどくなく、外見も問題なく、本人も気にしていなければ、治療をせずに経過をみることもあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

外耳良性腫瘍の関連キーワード外耳耳介耳殻何心地何なり不死身プリマドンナマドンナ病は気からマドンナデッリドリス教会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone