コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外耳良性腫瘍 がいじりょうせいしゅようBenign Tumor of External (anditory) Meatus

1件 の用語解説(外耳良性腫瘍の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

がいじりょうせいしゅよう【外耳良性腫瘍 Benign Tumor of External (anditory) Meatus】

[どんな病気か]
 耳介(じかい)や外耳道(がいじどう)にできる良性の腫(は)れものです。
 耳介周囲には、線維腫(せんいしゅ)、血管腫(けっかんしゅ)、粉瘤(ふんりゅう)などが、外耳道には、乳頭腫(にゅうとうしゅ)、骨腫(こつしゅ)などが発生します。これらは、そう頻度の高い病気ではありません。
 腫瘍の形成そのものが主症状で、腫瘍が外耳道をふさぐ程度によっては、伝音難聴(でんおんなんちょう)になります。
[検査と診断]
 視診(ししん)のほか、発生した部位によってはX線検査、CTが必要になります。
 悪性腫瘍との鑑別のために、組織を微量採取して顕微鏡で見て調べる生検(せいけん)が行なわれることもあります。
[治療]
 腫瘍を切り取る腫瘍摘出術(しゅようてきしゅつじゅつ)が唯一の治療法です。
 難聴などの症状がひどくなく、外見も問題なく、本人も気にしていなければ、治療をせずに経過をみることもあります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone