コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粉瘤 ふんりゅう atheroma

翻訳|atheroma

7件 の用語解説(粉瘤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粉瘤
ふんりゅう
atheroma

アズキ大から鶏卵大ぐらいまでの半球状に隆起する嚢腫状腫瘍。内容はかゆ状で,ときに悪臭がある。発生機序から,表皮組織の過誤腫 (迷芽腫) として真皮内に嚢腫を形成したもの (真性粉瘤,表皮嚢腫) と,皮表に分泌されるべき皮脂が毛包内に貯留して嚢腫を形成したもの (仮性粉瘤,貯留嚢腫) に分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふん‐りゅう〔‐リウ〕【粉×瘤】

アテローム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

粉瘤【ふんりゅう】

アテロームとも。皮膚の良性腫瘍(しゅよう)。エンドウ豆大から鶏卵大の半球状に隆起した弾力性のあるやわらかい嚢腫。内容は脂肪,脂肪酸コレステロールなど。顔面,頭部,背,陰嚢などに生じ,男子に多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

ふんりゅう【粉瘤 Atheroma】

[どんな病気か]
 表皮、あるいは毛包(もうほう)の細胞が増殖してできる嚢腫(のうしゅ)(袋(ふくろ))です。皮膚内に風船のような固まり、あるいはしこりを感じて気づきます。内部には、軟らかくなった角質(かくしつ)がたまっています。袋の一部が皮膚表面とつながっている場合、悪臭のある白色の粥(かゆ)のような内容物が出てくることがあります。細菌感染すると紅色になり、腫(は)れて痛みます。
[治療]
 局所麻酔をして、つぎのどちらかの手術を行ないます。1つは、腫瘍(しゅよう)を周囲の皮膚といっしょに切除して、糸で傷口を縫い合わせる方法。もう1つは、腫瘍上部に直径3mmほどの孔(あな)を開け、内部にたまった角質を取り除いた後、袋を取り出す方法です。細菌感染をおこしている場合、抗生物質を内服し、炎症を鎮(しず)めます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版の解説

ふんりゅう【粉瘤 atheroma】

皮膚にできる囊腫で,囊腫壁は皮膚の表皮で構成されており,内容は,表皮細胞が角化して脱落した角質や皮脂などから成る粥(かゆ)状物質である。アテローマとも呼ばれる。皮膚と癒着する,やや硬く,境界は鮮明な腫瘤で,下部組織とは癒着しない。きわめてゆっくりと増大し,大きくなると表面は半球状に隆起し,俗にこぶと呼ばれる状態となる。わずかに青みを帯びて見えることや,圧すると悪臭のある粥状の内容が排出されることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふんりゅう【粉瘤】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粉瘤
ふんりゅう
atheroma

皮膚にできる良性腫瘍(しゅよう)で、粥腫(じゅくしゅ)、アテロームAtherom(ドイツ語)などともいう。日常よくみられる「こぶ」の一種である。表皮が真皮内に迷い込んで嚢腫(のうしゅ)となった真性嚢腫と、毛包や脂腺(しせん)の出口がふさがれて生ずる仮性嚢腫とがある。嚢中にはケラチンや脂質などの混じった悪臭のある粥状物が充満し、柔らかくて弾性がある。エンドウマメ大から鶏卵大となり、皮面からわずかに隆起する。皮内から皮下にかけて存在し、手で動かせる。表面は正常皮膚色または淡青色調を呈する。通常は自覚症状を欠くが、二次感染をきたすと赤く腫(は)れて疼痛(とうつう)を伴う。好発部位は、顔面、頭部、胸背部で、陰嚢に多発することもある。成年男子に多く、小児や老人には少ない。治療は、中央に小切開を加えて内容物を押し出すこともあるが、嚢腫壁を残すと再発するので、通常は被膜とともに摘出する。[水谷ひろみ]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粉瘤の関連キーワードニキビダニ何心地不死身病は気からドンナ副耳(過剰耳)陰唇癒合子宮内反(症)毛包ユニット(毛包単位)《ロンドンなき後,あるいは野生のイギリス》

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粉瘤の関連情報