外薬寮(読み)がいやくりょう

  • とのくすりのつかさ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 大宝令制定以前の官制の一つ。令制の典薬寮前身
※書紀(720)天武四年正月(北野本南北朝期訓)「大学寮(をほつかさ)の諸(もろもろ)の学生(ふんわらは)、陰陽寮の外薬寮(トノクスリノツカサ)〈略〉新羅(しらき)の仕丁(つかひよほろ)等」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の外薬寮の言及

【典薬寮】より

…中国の唐制の大医署,尚薬局に相当する。大宝令制定前から宮中内の医事を担当する内薬官と宮中外の外薬寮があり,令制では前者が中務省所管の内薬司,後者が典薬寮となって宮内省に属した。平安期には内薬司を併合した。…

※「外薬寮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android