外記の政始(読み)ゲキノマツリゴトハジメ

  • げき
  • の 政始(まつりごとはじめ)
  • 外記

精選版 日本国語大辞典の解説

平安時代、年始、改元、廃朝の後などに、外記局に公卿が参集してはじめて政事を行なう儀式。後には御斎会(ごさいえ)の後の吉日を選んで行なった。《季・新年》
※吉続記‐文永八年(1271)正月二六日「今日外記政始也、午一点着束帯〈略〉参衙」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android