斎会(読み)さいえ

精選版 日本国語大辞典「斎会」の解説

さい‐え ‥ヱ【斎会】

〘名〙
① 衆僧に食を供養する法会。〔令義解(718)〕
※今昔(1120頃か)七「既に訳し畢ぬるを皇帝聞き給て、歓喜して斎会(さいゑ)を設て供養し給はむとす」
② 神をまつること。神を祭祀する儀式。〔延喜式(927)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「斎会」の解説

さいえ【斎会 zhāi huì】

仏教では,僧尼を集めて斎食(さいじき)(午前中の食事)を供する法会をいう。もともとインドでは,貴賤僧俗を区別せずに斎食を布施して,大きな法会を営むことが多く,これをパンチャ・パリシャドPañca‐pariṣadと称し,中国では無遮会(むしやえ)と訳されていた。武帝が527年(大通1)に行った無遮大会などが有名である。道教でも,その祭りは〈斎〉とか〈会(かい)〉とかの語でよばれる。《三洞珠囊(さんどうしゆのう)》巻六の〈斎会品〉と称する章によれば,斎には参加人数の制限や導師その他の役割分担が規定されているが,〈会〉にはそのような規定がなく,ただ〈集まって散財し,道士賢者に食事を供する〉だけだという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android