コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廃朝 ハイチョウ

デジタル大辞泉の解説

はい‐ちょう〔‐テウ〕【廃朝】

天皇が、服喪天変地異などのために、朝務に臨まないこと。諸官司の政務は平常通り行われる。輟朝(てっちょう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はいちょう【廃朝】

天皇が朝廷の政務をみないこと。輟朝(てつちよう)ともいう。天皇の2等親以上の者,外祖父母,右大臣以上もしくは散一位のに際し廃朝3日とし,国忌(こつき)日および3等親と,百官の三位以上の喪には廃朝1日,また日食や地震などの天変地異にも廃朝するが,それらは儀制令に規定されており,その規定は江戸時代末までほぼ守られた。なお廃朝が薨(こうそう)により行われた場合,必ずしも薨奏の日でなく,その翌日から始められることもあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はいちょう【廃朝】

天変・病気や皇族・重臣の喪などのため、天皇が政務を執らないこと。諸官司の政務は通常どおり行われた。輟朝てつちよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

廃朝
はいちょう

天皇が朝廷の政務をみないこと。「輟朝(てっちょう)」ともいう。臨朝に対する語。日食や二等親以上の喪などの場合に行われ、その日数は1日または3日ないし5日。その間、清涼殿(せいりょうでん)の御簾(みす)を垂れて諸事を慎み、音奏(おんそう)、警蹕(けいひつ)などを停止する例である。なお諸官司が政務を廃するのを廃務(はいむ)といい、1日限りを原則とし、廃朝の際はかならずしも廃務しないが、国忌(こき)や日食の場合のように、両者が一致するときもある。[橋本義彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

廃朝の関連キーワード徵・懲・丁・兆・凋・嘲・寵・帳・庁・廳・弔・張・彫・徴・懲・挑・暢・朝・潮・澄・牒・町・眺・聴・聽・肇・脹・腸・調・諜・貼・超・跳・重・釣・銚・長・頂・鳥九条年中行事外記の政始美努清名善淵広岑橋本義彦重臣政始皇族旬政国葬廃務

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android