多 忠麿(読み)オオノ タダマロ

20世紀日本人名事典の解説

多 忠麿
オオノ タダマロ

昭和・平成期の雅楽師 宮内庁式部職楽部楽長。



生年
昭和8(1933)年12月5日

没年
平成6(1994)年12月19日

出生地
神奈川県鎌倉市

学歴〔年〕
東京芸術大学音楽学部専科〔昭和26年〕卒,宮内庁楽部楽生課程〔昭和27年〕修了

主な受賞名〔年〕
日本芸術院賞(平元年度)〔平成2年〕

経歴
昭和27年宮内庁式部職楽部楽師に任官、55年楽長補、平成5年楽長となる。この間、昭和57年より東邦音楽大学講師を兼任。58年ヨーロッパにおける日本週間に雅楽団体・東京楽所を率いて出演するなど、国内外の雅楽演奏に活躍。古典のみならず、現代雅楽、現代邦楽の分野における演奏も多く、生演奏は流麗・絶妙といわれた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

多 忠麿
オオノ タダマロ


職業
雅楽師

専門
笙,琵琶,左舞,神楽歌

肩書
宮内庁式部職楽部楽長 日本芸術院会員〔平成3年〕

生年月日
昭和8年 12月5日

出生地
神奈川県 鎌倉市

学歴
東京芸術大学音楽学部専科〔昭和26年〕卒,宮内庁楽部楽生課程〔昭和27年〕修了

経歴
昭和27年宮内庁式部職楽部楽師に任官、55年楽長補、平成5年楽長となる。この間、昭和57年より東邦音楽大学講師を兼任。58年ヨーロッパにおける日本週間に雅楽団体・東京楽所を率いて出演するなど、国内外の雅楽演奏に活躍。古典のみならず、現代雅楽、現代邦楽の分野における演奏も多く、生演奏は流麗・絶妙といわれた。

所属団体
雅楽柴絃会(代表)

受賞
日本芸術院賞(平元年度)〔平成2年〕

没年月日
平成6年 12月19日 (1994年)

家族
祖父=多 忠龍,父=多 忠紀

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android