左舞(読み)サブ

世界大百科事典 第2版の解説

さまい【左舞】

舞楽の分類名。〈左方の舞〉を略した名称で,〈さのまい〉ともいい,〈右方の舞〉=右舞に対する。舞踊様式を示す用語であるが,伝来系統などの歴史的背景,音楽や美術(装束や舞台)など古代の芸術観や美意識の集約された概念だといえる。古代の日本に伝来したアジア諸国の楽舞は,9世紀半ばころには徐々に日本化が進み,中国系統の左舞と朝鮮系統の右舞に二分割再編成された。当時の宮廷社会寺社などで演奏される状況に適応した制度が生じたのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の左舞の言及

【左舞】より

…舞踊の様式を示す用語であるが,伝来系統などの歴史的背景,音楽や美術(装束や舞台)など古代の芸術観や美意識の集約された概念だといえる。古代の日本に伝来したアジア諸国の楽舞は,9世紀半ばころには徐々に日本化が進み,中国系統の左舞と朝鮮系統の右舞に二分割再編成された。当時の宮廷社会や寺社などで演奏される状況に適応した制度が生じたのである。…

【右舞】より

舞楽の分類上の用語。右方の舞を略した名称で,〈うのまい〉ともいい,左舞に対する。古代の日本に伝来したアジア諸国の楽舞は,9世紀半ばごろには徐々に日本化が進み,中国系統の左舞と朝鮮系統の右舞に二分割再編成されて,宮廷社会になじむ制度となった。…

【舞楽】より

…一方,舞楽上演の際,唐楽と高麗楽とを対(つい)にして演じたり,これを左方(さほう),右方(うほう)の楽舞に分類して儀式に用いたり,勝負事の催しに,勝った側の楽舞を行ったりするようになった。現在,唐楽系のほとんどの舞楽曲が,いわゆる左舞(さまい)に属し,高麗楽系のすべての舞楽曲が右舞(うまい)に属している。これら左舞,右舞は,管弦の諸楽器の伝承とともに,それぞれ,そのどちらかを,各楽人が伝承することになっている。…

※「左舞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

左舞の関連情報