コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多国籍企業委員会 たこくせききぎょういいんかいCommission on Transnational Corporations

1件 の用語解説(多国籍企業委員会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多国籍企業委員会
たこくせききぎょういいんかい
Commission on Transnational Corporations

国連の経済社会理事会に属する常設委員会。巨大な海外直接投資によって原料と技術を独占し,特に発展途上国経済発展を阻害するとみなされる多国籍企業の活動を規制する目的で,1974年 12月設置された。日本を含む 48ヵ国によって構成されている。 75年3月に第1回会合を開いたあと,76年3月にリマで開いた第2回会合では,「多国籍企業の行動基準」を作成するための各国政府専門家による作業グループの設置を決定,実質的活動に入った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone