コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多田好問 ただ こうもん

2件 の用語解説(多田好問の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

多田好問

官僚。京都生。号は東蕪。岩倉具視の秘書・内閣書記官・宮内省御用掛を務め、正四位勲三等に叙せられた。詩歌を能くする。大正7年(1918)歿、74才。贈勲二等。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多田好問 ただ-こうもん

1845-1918 明治時代の官吏。
弘化(こうか)2年生まれ。京都の人。維新後,岩倉具視(ともみ)にしたがって東京にいき,新政府につかえる。有職(ゆうそく)故実にくわしく,内閣書記官,記録課長として皇室行事の典例調査に従事した。大正7年11月17日死去。74歳。号は東蕪。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

多田好問の関連キーワード荒木周道関宗喜曾根静夫財部羌田中建三郎藤島正健藤森図高二橋謙村上義雄横川蒲汀

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone