コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多田房之輔 ただ ふさのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多田房之輔 ただ-ふさのすけ

1862-1940 明治-昭和時代前期の教育者,教育ジャーナリスト。
文久2年6月生まれ。千葉県教育会幹事をへて千葉,東京,栃木の小学校長を歴任。この間栃木県学務課属,福島県小学督業をつとめる。明治32年国民教育学会を設立し,「日本之小学教師」を発行,初等教育の向上と教員の生活擁護に尽力した。昭和15年11月18日死去。79歳。安房(あわ)(千葉県)出身。千葉師範卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

多田房之輔の関連キーワード教育者

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android