コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多田順映 ただ じゅんえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多田順映 ただ-じゅんえい

1861-1923 明治-大正時代の社会事業家。
文久元年4月生まれ。岐阜県清水村(揖斐川(いびがわ)町)の浄土真宗本願寺派受念寺の住職明治33年同寺に仏教育児院(のち清水育児院)を設立し,孤児養育をはじめる。あわせて非行少年の感化施設,豊富学院もつくり,42年県代用感化院の指定をうけた。44年両院の初代院長。大正12年7月19日死去。63歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

多田順映の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android