コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多田鼎 ただ かなえ

美術人名辞典の解説

多田鼎

真宗大谷派の僧。愛知県生。諱は慶悟。真宗大学卒。暁烏敏佐々木月樵と共に清沢満之に学ぶ。浩々洞の同人となり機関紙「精神界」を発刊し、精神主義運動を展開。また千葉教院を創立し教化に努めた。のちに三河同朋会を組織して雑誌「みどりご」を主宰。真宗大学教授・大谷派伝道院初代院長。昭和12年(1937)歿、62才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多田鼎 ただ-かなえ

1875-1937 明治-昭和時代前期の学僧。
明治8年10月3日生まれ。真宗大谷派。清沢満之(まんし)主宰の浩々洞同人となって機関誌「精神界」を刊行。明治34年母校真宗大(現大谷大)教授をつとめ,37年千葉教院をひらく。大正13年大谷派伝道院初代院長となった。昭和12年12月7日死去。63歳。愛知県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

多田鼎の関連キーワード佐々木 月樵学僧

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android