コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多紀道忍 たき どうにん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多紀道忍 たき-どうにん

1890-1949 大正-昭和時代の僧。
明治23年1月24日生まれ。京都浄蓮華院の多紀道覚の弟子。滝本深達(じんたつ)に天台宗大原流声明(しょうみょう)をまなぶ。のち叡山(えいざん)学院教授,比叡山専修院教授を歴任。声明の五線譜化を研究し,その普及につとめた。五線譜声明曲集「天台声明大成」(共著)がある。昭和24年10月26日死去。60歳。滋賀県出身。天台宗西部大卒。旧姓は竹内。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

多紀道忍の関連キーワード吉田 恒三中山 玄雄夏野 義常中山玄雄吉田恒三昭和時代渋谷有教片岡義道

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android