コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多紀道忍 たき どうにん

1件 の用語解説(多紀道忍の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多紀道忍 たき-どうにん

1890-1949 大正-昭和時代の僧。
明治23年1月24日生まれ。京都浄蓮華院の多紀道覚の弟子。滝本深達(じんたつ)に天台宗大原流声明(しょうみょう)をまなぶ。のち叡山(えいざん)学院教授,比叡山専修院教授を歴任。声明の五線譜化を研究し,その普及につとめた。五線譜声明曲集「天台声明大成」(共著)がある。昭和24年10月26日死去。60歳。滋賀県出身。天台宗西部大卒。旧姓は竹内。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

多紀道忍の関連キーワード加地哲定金易二郎捧吉右衛門下永憲次武井守成橋本恵光堀進二水原尭栄聖園テレジア弥勒武吉

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone