コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多面評価制度 タメンヒョウカセイド

1件 の用語解説(多面評価制度の意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

多面評価制度

人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。
(2004/12/6掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多面評価制度の関連キーワード外国人研修制度多面評価(360度評価)人事調停法多面評価トータル人事制度評価者訓練期末効果直近効果能力主義人事制度分散化傾向 (極端化傾向)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

多面評価制度の関連情報