コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多面評価制度 タメンヒョウカセイド

1件 の用語解説(多面評価制度の意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

多面評価制度

人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。
(2004/12/6掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多面評価制度の関連キーワード外国人研修制度多面評価(360度評価)人事調停法多面評価トータル人事制度評価者訓練期末効果直近効果能力主義人事制度分散化傾向 (極端化傾向)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

多面評価制度の関連情報