コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

360度評価

1件 の用語解説(360度評価の意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

360度評価

360度評価とは、上司や部下・同僚や仕事上で関連する他部署の人など各方面の人が被評価者を評価する手法である。
・360度評価の導入の目的としては、複数の評価者が評価することで客観性・公平性を実現することである。
・しかし、評価者が部下で、被評価者が上司である場合には上司が部下へ媚びたり、同僚同士であれば談合が行われたりするリスクもある。
・また、評価者が評価者しての教育を受けていない場合(下位者など)は適切な評価になりにくいケースもある。
・そのため、360度評価を導入している企業では、評価の結果を報酬に反映させるのではなく、管理職に対する部下育成への活用という視点で、結果を本人にフィードバックするに留めるケースも多い。
・360度評価以外には、部下を除き、上司や同僚を入れた180度評価などもある。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
人材マネジメント用語集について | 情報

360度評価の関連キーワードモノコックボディ360°モンキーズ山内崇杉浦双亮アラウンドパイロンフィギュアエイト位相角(図形)軽自動車差止請求権

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

360度評価の関連情報