360度評価

人材マネジメント用語集「360度評価」の解説

360度評価

・360度評価とは、上司部下同僚や仕事上で関連する他部署の人など各方面の人が被評価者を評価する手法である。
・360度評価の導入の目的としては、複数の評価者が評価することで客観性・公平性を実現することである。
・しかし、評価者が部下で、被評価者が上司である場合には上司が部下へ媚びたり、同僚同士であれば談合が行われたりするリスクもある。
・また、評価者が評価者しての教育を受けていない場合(下位者など)は適切な評価になりにくいケースもある。
・そのため、360度評価を導入している企業では、評価の結果を報酬に反映させるのではなく、管理職に対する部下育成への活用という視点で、結果を本人にフィードバックするに留めるケースも多い。
・360度評価以外には、部下を除き、上司や同僚を入れた180度評価などもある。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android