コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多面鏡 ためんきょう polygon mirror

1件 の用語解説(多面鏡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ためんきょう【多面鏡 polygon mirror】

ポリゴン鏡ともいう。角度の標準器として用いられるほか,高速回転し,レーザーなどの光線を走査するために用いられるものとがある。円柱を正多角柱に加工し,その各側面が光線を十分反射するよう鏡面に仕上げられている。ガラス,または金属製でふつう保護ケースに組み込まれている。底面と平行な平面に投影された各反射面の法線とのなす角θを角度の標準にする。多面鏡は6面鏡(θ=60゜)から72面鏡(θ=5゜)までの各種のものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

多面鏡の関連キーワードフラットシェーディングポリゴンミラー標準試料サンド・ポリゴンストーン・ポリゴン土壌ポリゴンポリゴン土壌マッド・ポリゴントリゴン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone