夜深(読み)ヨブカ

  • よぶか・い

デジタル大辞泉の解説

[名・形動ナリ]《「よふか」とも》夜が深まったこと。よふけ。また、そのさま。
「いまだ―に京を出で」〈義経記・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

名 ・形動ナリ
夜がとっぷりと更けている・こと(さま)。 まだ-な、ここもとは不案内な、よあけてまゐらう/狂言・磁石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) 夜がふけたこと。夜のふけたけはいが濃いこと。また、そのさま。よふけ。
※明月記‐治承四年(1180)二月一四日「夜深帰寝所、燈髣髴、猶無付寝之心」
〘形口〙 よぶか・し 〘形ク〙 (古くは「よふかし」) 深夜である。夜がふけている。夜のけはいが濃い。特に、夜明けまでにまだ間があるさまにいう。
古今(905‐914)恋三・六四二「玉匣(たまくしげ)あけばきみが名たちぬべみ夜ふかく来しを人みけんかも〈よみ人しらず〉」
よぶか‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜深の関連情報