コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜蛾 ヤガ

デジタル大辞泉の解説

や‐が【夜×蛾】

鱗翅(りんし)目ヤガ科の昆虫の総称。体は太く、翅(はね)は比較的小さく、一般にくすんだ色や模様をもち、翅を閉じると保護色となる。夜行性で灯火によく集まる。アケビコノハ・タマナヤガ・ヨトウガ・キシタバガなど、種類は非常に多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やが【夜蛾】

ヤガ科のガの総称。開張1センチメートル 以下のものから30センチメートルに達するものまである。はねは褐色や黒みをおびた色のものが多い。一般に夜行性で灯火に寄る。幼虫は各種の植物の葉を食害し、農作物の害虫も多い。ヤガ科は鱗翅りんし目中最も種類が多く、日本では約1200種が知られる。ヨトウガ・コヤガ・アケビコノハなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

夜蛾 (ヤガ)

動物。ヤガ科の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

夜蛾の関連キーワードアワヨトウイネヨトウカブラヤガヨルガオ農作物動物黒み

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android