夜蛾(読み)ヤガ

デジタル大辞泉の解説

や‐が【夜×蛾】

鱗翅(りんし)目ヤガ科の昆虫の総称。体は太く、翅(はね)は比較的小さく、一般にくすんだ色や模様をもち、翅を閉じると保護色となる。夜行性で灯火によく集まる。アケビコノハ・タマナヤガ・ヨトウガ・キシタバガなど、種類は非常に多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やが【夜蛾】

ヤガ科のガの総称。開張1センチメートル 以下のものから30センチメートルに達するものまである。はねは褐色や黒みをおびた色のものが多い。一般に夜行性で灯火に寄る。幼虫は各種の植物の葉を食害し、農作物の害虫も多い。ヤガ科は鱗翅りんし目中最も種類が多く、日本では約1200種が知られる。ヨトウガ・コヤガ・アケビコノハなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

夜蛾 (ヤガ)

動物。ヤガ科の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android