コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保護色 ほごしょく protective coloration

翻訳|protective coloration

6件 の用語解説(保護色の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保護色
ほごしょく
protective coloration

動物の体色が周囲の環境や背景の色と似て,他の動物に発見されにくいと思われる場合の色のこと。形状が他物とまぎらわしい擬態と組合わさっていることも多い。おもに捕食者に発見されにくいような被食者の色彩のことをさすが,逆に捕食者が被食者の眼を逃れそれに接近しやすくしていると考えられる場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほご‐しょく【保護色】

動物の隠蔽色(いんぺいしょく)の一種。外敵から身を守るため、あるいは獲物を待ち伏せるため、周囲から目立たなくする体色や模様。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

保護色【ほごしょく】

動物の隠蔽(いんぺい)色のうち,害敵の目からのがれやすい効果をもつ場合をいう。しばしば形態の類似もともなう。植物の葉に似た青虫やアマガエル,樹皮に似たある種のガ,あるいはライチョウエチゴウサギ等がその例。
→関連項目威嚇色カメレオン警告色

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほごしょく【保護色 protective coloration】

動物をその敵の目から保護していると考えられる体色をいう。緑色の葉の上の緑色の芋虫やキリギリス,木の幹にとまっている複雑な模様のガ,木のこぶに似た色のヨタカ,砂地や河原の小石に見まがう色や斑紋をもつバッタや鳥の卵,林の中の落葉層の上ではほとんど目につかないハツカネズミ類,水底の砂泥にまぎれてしまうドジョウやハゼの仲間などの体色は,いずれも保護色の典型である。 このような体色は,いわばその動物の存在を環境の中に隠してしまうものであるために,一般的には隠蔽色concealing coloration(またはcryptic coloration)と呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほごしょく【保護色】

動物の被食者が捕食者の目からのがれるためにもつ隠蔽色いんぺいしよく。捕食者の隠蔽色をも呼ぶことがある。 → 隠蔽色威嚇いかく色 ・ 警戒色

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

保護色
ほごしょく

動物の体色における隠蔽(いんぺい)色の一種で、被食者が周囲の色彩に紛れて目だたなくなることによって、捕食者から逃れるのに有効なものをいう。同様にして、被食者に気づかれずに近づくのに有利な捕食者の隠蔽色をも、保護色ということがある。砂漠の動物が砂に似た淡い色彩をもつこと、海面近くにすむ動物が青みがかっていること、北極の動物の白さ、植物上にすむものの多くが緑色をしていることにその例をみることができる。魚の上面(多くは背側)は下面に比べ暗い色をしているが、それぞれ背景の自然の明暗によくマッチし保護色として働いている。ノウサギ、ライチョウなどは、季節変化とともに野山の色彩が変わるにつれて、それにあわせた体色変化をみせる。ある種の動物は、生活環のなかでその習性にあわせつつ次々に体色を変化させていく。ヒキガエル、ナナフシなどは、体色ばかりでなくその形態も周囲のものと紛らわしく、その行動とも相まって、これを発見するのがしばしばきわめて困難であることはよく知られている。多くの動物は背景にあわせて体色の濃淡や色彩を変化させる。ヒラメなどで顕著にみられるように、部分的に色彩の異なる背景には、これにあわせて体色も部分的に微妙に変化させ背景に溶け込むように隠れるものもある。これらの体色変化は目と中枢神経系、また、ときには内分泌腺(せん)によって支配されており、黒、白、黄、赤などの色素細胞の働きによっておこる。保護色が進化の一要因として重要であることは、自然選択の一例として、C・ダーウィンによって指摘されている。[馬場昭次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の保護色の言及

【擬態】より

…その機能によって隠蔽的擬態,標識的擬態,種内擬態などが区別される。
[隠蔽的擬態mimesis]
 保護色ともいい,外見を周囲の色や模様に似せて外敵から隠れるものをさす。枯葉に似た羽をもつコノハチョウや樹幹と同じ模様のヤガの仲間,小枝と見分けのつかないシャクトリムシなどは保護色の例である。…

【体色】より

…体色を機能によって大別すれば,隠蔽色concealing colorationと標識色signal colorationとになる。前者はいわゆる保護色の範疇(はんちゆう)に入るもので,その動物の存在を目だたなくすることによって,生存価を高めると考えられるような色である。後者は逆に,わざわざその存在を目だたせることによって生存価を高めるもので,同種異性の発見,認知に役だつ認識色recognition coloration,捕食者を驚かす威嚇色threatening coloration,自分が有毒ないし不味であることを示して捕食されることを避ける警告色(警戒色)warning coloration,警告色をもった他動物に似た姿,体色をもつことによって捕食者を欺く擬態とに分けられる。…

【適応】より

… 適応の実例は無数にある。動物たちの多様な色彩や形態の多くは,捕食者にたいする防御手段として機能し,一般に保護色,警告色,擬態などとしてよく知られている。海岸砂丘にすむ小型のコオロギ,ハマスズは,砂の色調に完全にまぎれこむみごとな保護色である。…

※「保護色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

保護色の関連キーワード胃腔後生動物水生動物体腔動物下等動物動物界動物的動物の森動物性脂肪微胞子虫目

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

保護色の関連情報