コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夢の曲 ゆめのきょくDrömspelet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夢の曲
ゆめのきょく
Drömspelet

スウェーデンの劇作家 A.ストリンドベリの戯曲。 14場。 1902年刊,07年スウェーデン劇場で初演。ヒンドゥー教の主神インドラの娘が,人間の生活を体験するために地上に降りてくる。彼女は「士官」や「法律家」や「詩人」など多くの人物たちに会うが,人間はすべて抑圧者か被抑圧者であり,この世は悲惨と苦悩に満ちており,まだしもそれから自由なのは「詩人」であることを知り,天に戻る。 06年プロローグが書き加えられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夢の曲の関連情報