コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夢梁録 むりょうろく Meng-liang-lu; Mêng-liang-lu

1件 の用語解説(夢梁録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夢梁録
むりょうろく
Meng-liang-lu; Mêng-liang-lu

中国,南宋の都臨安の地理風俗を記した随筆集。呉自牧の撰。 20巻。呉自牧は臨安府銭塘の人。官は不明。序によれば咸淳 10 (1274) 年完成という。孟元老の『東京夢華録』が北宋の都開封のことを述べたのに対して,その体裁を模倣して,南宋の都臨安の年中行事,郊廟,宮殿,官衙,地理,市鎮,祠,学校,寺院,商人,手工業者の生活や風俗などについて詳しく記している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夢梁録の関連キーワード諸蕃志島夷誌略西遊録輿地誌略臨安事物紀原鄭樵地方志夢粱録地理風水

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone