大ジンバブエ国立記念物(読み)ダイジンバブエコクリツキネンブツ

デジタル大辞泉の解説

だいジンバブエ‐こくりつきねんぶつ【大ジンバブエ国立記念物】

Great Zimbabwe National Monumentジンバブエ南部、ジンバブエ高原南端にある大規模な石造遺跡。「ジンバブエ」とはショナ語で「石の家」を意味し、国名はこの遺跡に由来する。12~15世紀頃、モノモタパ王国が建設したとされる花崗岩(かこうがん)の丘の上に建つ「アクロポリス」や、高さ約10メートル、外周約250メートルに及ぶ石壁が囲む「神殿」、「谷の遺跡」と呼ばれる集落の遺構からなる。1986年、世界遺産(文化遺産)に登録された。ジンバブエ。グレートジンバブエ遺跡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android