大いなる遺産(読み)オオイナルイサン

デジタル大辞泉の解説

おおいなるいさん〔おほいなるヰサン〕【大いなる遺産】

《原題Great Expectationsディケンズ長編小説。1860~61年刊。ふとしたことから金持ちになるチャンスを得た孤児ピップを主人公に、金銭至上のビクトリア朝社会を批判。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

大いなる遺産

1998年公開のアメリカ映画。原題《Great Expectations》。チャールズ・ディケンズの同名小説の映画化。監督:アルフォンソ・キュアロン、出演:イーサン・ホーク、グウィネス・パルトロウ、ハンク・アザリア、クリス・クーパー、アン・バンクロフト、ロバート・デ・ニーロほか。

大いなる遺産

1946年製作のイギリス映画。原題《Great Expectations》。チャールズ・ディケンズの同名小説の映画化。監督:デビッド・リーン、出演:ジョン・ミルズ、バレリー・ホブソン、ジーン・シモンズ、アレック・ギネスほか。第20回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同美術賞(白黒)、撮影賞(同)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大いなる遺産
おおいなるいさん
Great Expectations

イギリスの作家ディケンズの長編小説。1861年刊。孤児ピップが物語るその生涯の物語。寂しい田舎(いなか)で義兄夫婦と暮らしているピップに、ある日突然、名を秘した恩人から多額の財産が贈られ、ロンドンに出て紳士になる機会が与えられる。一躍金持ちになったが、世話になった素朴な義兄を恥ずかしく思うような卑しい根性に堕落する。しかし最後に謎(なぞ)の恩人が姿を現し、思いがけぬ劇的な結末を迎える。推理小説のような緊密なプロットと社会批判がみごとに結び付いた名作である。[小池 滋]
『日高八郎訳『世界の文学13 大いなる遺産』(1967・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おおいなるいさん おほいなるヰサン【大いなる遺産】

(原題Great Expectations) 長編小説。ディケンズ作。一八六〇~六一年発表。見ず知らずの相手から莫大な遺産を受け取ることになった孤児のピップを主人公に、金銭万能主義を批判した小説。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大いなる遺産の関連情報