大久保 婦久子(読み)オオクボ フクコ

20世紀日本人名事典の解説

大久保 婦久子
オオクボ フクコ

昭和・平成期の皮革工芸家 モンゴル芸術大学名誉教授。



生年
大正8(1919)年1月19日

没年
平成12(2000)年11月4日

出生地
静岡県下田市

本名
大久保 ふく

学歴〔年〕
女子美術専門学校師範科西洋画部〔昭和14年〕卒

主な受賞名〔年〕
日展北斗賞〔昭和36年〕,日展菊華賞〔昭和39年〕,日本現代工芸美術展内閣総理大臣賞(第20回)〔昭和56年〕「折」,日本芸術院賞恩賜賞(第39回)〔昭和57年〕「神話」,文化功労者〔平成7年〕,文化勲章〔平成12年〕

経歴
はじめは画家を志ざすが、戦後、本格的に皮革工芸に取り組み、昭和27年日展に初入選。33年夫(洋画家の作次郎)の理解もあり、単身渡欧して北欧の皮革装飾の技術を学ぶ。レリーフの手法による、清新で格調高い独自の作風を確立した。代表作に56年総理大臣賞の「折」、57年日本芸術院恩賜賞の「神話」がある。60年皮革工芸では初めての芸術院会員となる。63年回顧展。日展常務理事、現代工芸美術家協会副会長などを歴任。皮革造形美術グループ、ド・オーロ代表、モンゴル芸術大学名誉教授。他の作品に「創生」「軌」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android