大久保 留次郎(読み)オオクボ トメジロウ

20世紀日本人名事典「大久保 留次郎」の解説

大久保 留次郎
オオクボ トメジロウ

昭和期の政治家 国務相;衆院議員(自民党)。



生年
明治20(1887)年5月12日

没年
昭和41(1966)年11月19日

出生地
茨城県

学歴〔年〕
東京高師(現・筑波大学)地歴科〔大正2年〕卒

経歴
大正2年内務省に入り、東京・新橋、牛込、神楽坂各警察署長、警視庁特高係長、台湾総督府警務局長、千葉県知事、東京市第一助役を経て昭和14年から17年まで東京市長。戦後鳩山一郎の自由党結成に参加、21年の衆院選当選、内相になりかけて鳩山とともに公職追放、解除後、郷里から立候補して衆院に当選。民主党に移り30年第2次鳩山内閣の北海道開発庁長官。翌年石橋湛山内閣の行政管理庁長官兼国家公安委員長。33年第1次岸信介内閣に留任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和「大久保 留次郎」の解説

大久保 留次郎
オオクボ トメジロウ


肩書
国務相,衆院議員(自民党)

生年月日
明治20年5月12日

出生地
茨城県

学歴
東京高師(現・筑波大学)地歴科〔大正2年〕卒

経歴
大正2年内務省に入り、東京・新橋、牛込、神楽坂各警察署長、警視庁特高係長、台湾総督府警務局長、千葉県知事、東京市第一助役を経て昭和14年から17年まで東京市長。戦後、鳩山一郎の自由党結成に参加、21年の衆院選に当選、内相になりかけて鳩山とともに公職追放、解除後、郷里から立候補して衆院に当選。民主党に移り30年第2次鳩山内閣の北海道開発庁長官。翌年石橋湛山内閣の行政管理庁長官兼国家公安委員長。33年第1次岸信介内閣に留任した。

没年月日
昭和41年11月19日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典「大久保 留次郎」の解説

大久保 留次郎 (おおくぼ とめじろう)

生年月日:1887年5月12日
昭和時代の政治家。衆議院議員
1966年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android