コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛込 うしごめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牛込
うしごめ

東京都新宿区東部の旧区名。現在の市谷神楽坂早稲田,新小川町,東五軒町,大久保百人町などを含む範囲。台地住宅地,谷沿いに商店街が発達。地名の由来は,牧場があり,ウシの飼育が行われたことによる。出版社・印刷会社が多い。地下鉄神楽坂駅から JR飯田橋駅にいたる神楽坂は明治以来の繁華街

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うしごめ【牛込】

東京都新宿区東部の地区。住宅地。台地にあり、坂が多い。昔牛の放牧場があったところからの名といわれる。もと東京市の区名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

牛込【うしごめ】

東京都新宿区の北東部,旧牛込区地域。谷と坂が多く,神楽(かぐら)坂は商店街として有名。台地上は大名・旗本屋敷跡で,現在は住宅地。谷底には商店街や印刷工場が集中する。
→関連項目元禄の大火新宿[区]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うしごめ【牛込】

東京都新宿区東部の地名。谷の多い武蔵野(山手)台地からなる。古くより牛込の地域名が早稲田から戸山原方面にかけてあったが,1878年の東京市15区制により,神楽坂市谷地区などを含む牛込区が設置された。1947年,四谷淀橋両区と合体し,現在の新宿区の一部となったが,のち住居表示の変更によって行政名からは姿を消し,今では,この旧牛込区の範囲を指すことが多い。明治以後,住宅地として発展し,夏目漱石坪内逍遥永井荷風泉鏡花,北原白秋らが牛込台に住んだこともあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うしごめ【牛込】

東京都新宿区の東部の地名。もと牛込区をなす。住宅・文教地区。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牛込
うしごめ

東京都新宿区北部の地区。1878年(明治11)牛込区が成立したが、1947年(昭和22)四谷(よつや)区、淀橋(よどばし)区と合併し新宿区となったため、行政上の地名は消失した。その範囲は東は市谷(いちがや)、神楽坂(かぐらざか)から西は早稲田(わせだ)、大久保に及んでいた。山手(やまのて)台地の一部の牛込台にあり、坂が多い。昔このあたりに武蔵野(むさしの)の牧場があり、多くの牛を飼育したことが地名の由来という。中世、牛込氏(群馬県大胡(おおご)氏の子孫)が居住したが、その城跡は袋(ふくろ)町の光照(こうしょう)寺域という。住宅地であるが、飲食店などの商業や出版印刷業も多く、早稲田大学、東京女子医科大学、国立国際医療研究センターなどがある。現在も通称地名となっており、小・中学校、郵便局、警察署、交差点、道路などの名称に「牛込」を冠したものが多い。東京メトロ東西線が通る。2000年(平成12)都営地下鉄大江戸線が開通、牛込神楽坂、牛込柳町の2駅ができた。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

牛込の関連キーワード三遊亭 小円馬(4代目)文々舎蟹子丸(2代)千葉県木更津市牛込一龍斎貞山(8世)観世喜之(初代)中野四郎(2)ガオブラック宮川 鉄次郎都々逸坊扇歌下田鏒三郎山地 幸雄宮川鉄次郎文清舎冲澄新宿[区]福林堂鈴成地形堂堅丸楊柳亭五元武士八十氏クレーマー千代春長

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牛込の関連情報